メニュー

リハビリテーション

当院はこれまであん摩マッサージ指圧師のみ在籍しており入院・外来ともにマッサージを中心に治療を行っていました。

患者様から「もっと歩けるようになりたい」「力をつけて動けるようになりたい」という要望もあり令和3年4月より理学療法士・作業療法士を採用し、リハビリテーション部を開設しました。

リハビリテーションの種類

当院のリハビリテーションは大きく分けて運動器リハビリマッサージに分かれています。

  • リハビリは筋学・神経学・運動学に沿って日常生活や歩行などに支障をきたした人に筋力をつけて体のバランスを整えて動作の改善を目的に治療をしています。
  • マッサージは「経穴・つぼ」を用いて揉む、圧迫する、動かすといった手技を用いて筋肉の凝りをほぐします。

※介護保険制度を利用されている方は外来でのリハビリができない場合がございます。マッサージなら制限なく可能です。初診日に受付に介護保険被保険者証を提出してください。

リハビリ受付時間

08:30~12:00

13:30~17:00 ※水曜午後、土曜午後はお休み

技師紹介・メッセージ

理学療法士 1名
作業療法士 1名
あん摩マッサージ師 2名
物理療法(電気療法、温熱療法、牽引療法)専属の職員 1名


主に外来患者様を診させていただいております。

「歩けるようになった」「動かない手が動くようになった」等、喜びの声が聞けるように日々治療に励んでいます。

一緒に悩んで一緒に考えて、最後に笑えるようになってほしいと思っています。

― 作業療法士 K

 

新卒ではありますが学習意欲や気合をもって毎日励んでいます。

患者様から信頼を得て、心と体のケアをできることを目標に頑張っています。よろしくお願いします。

― 理学療法士 I

 

主に外来患者様をマッサージしています。

いろんな会話をしながら心も体も楽になって「来てよかった」って思われるようなマッサージを心がけています。

― あん摩マッサージ師 K


患者様の凝りや痛みが取れるよう集中してマッサージをしています。

固い雰囲気にならず、気兼ねせず来てもらえるように心がけています。

― あん摩マッサージ師 M

入院患者様の治療について

当院は医療依存度が高く、寝たきりの患者様が非常に多いです。

体が硬くなり、血液の循環が悪くならないようにマッサージや硬さを取り除く治療を中心に行っております。

自宅退院や施設へ退院を目指す方、病棟内での動作自立を目指す方についても常に患者様目線に立ってしっかりとリハビリを行っております。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME